忍者ブログ
18禁 毎週日曜日ぐらいに更新 絵:只野あきら 文:只野あきら(偽)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大変長らく絵の更新が滞っておりまして申し訳ありません。
ようやく更新再開できそうです。
間があいてしまいましが↓頂いた投票もちゃんと集計しています。

☆来週の1枚のCG内容を選択してください(仮)企画☆
 来週は菊地真くん!運命を決めるのはキミだ!

A. キノコ狩り名人真くん!
B. 真くんハリウッド映画出演決定!
C. 遠洋マグロ船だよ真くん!


Aが優勢です。おっさん率高めの模様です。が、予断を許しません。


只野あきら
PR

学生のみんな斧振ってるか?
お父さん方、中央線は飛び込む場所じゃないですよ。
TPOをわきまえてください。

そんな殺伐とした社会情勢の中、府中で私只野(偽)は働きずめ。
知りえる現実はテレビからしか得られず。
飢餓で苦しむ難民の報道に心痛めながら、エロCGの着色。
ああ、今すぐにも現地に飛んでいってエロCGを配給したい。

遡る事、八月某日。

映画観たいんですよ、映画。
トランスフォーマー。
早く見に行かないと終わっちゃうよ。
やっぱアニメ見ていた世代としては見逃せませんので。
でもマイケル・ベイ監督と聞いてちょっとゲンナリ。
だって、パール・ハーバーを1800円で観ちゃったんだもん。
さしあたり、半日でもいいので休みを取らないと話にならない。
しかし帰宅は深夜か早朝、休日出勤エブリデイ。
これじゃ観れない。
そんな過酷な勤労者の強い味方有給休暇がある!
早速有給届けの記入をと、

「月・月・火・水・木・金・金~♪月・月・火・水・木・金・金~♪」

只野(本物)だ、いきなり何を歌いだすんだ!心臓に悪い、やつはテレパスか!
素直に映画を観るなんて書いたら駄目なのは火を見るより明らかだ。
法事?いかん、急すぎる。
誰か殺・・って違う、死なすか?ん~これもベタだ。
もっと只野(本物)も仕方ないと思える新しい理由が必要だ!

考えろ!つまりこうだ!

映画を観ることは、私の権利じゃないだろうか?
基本的人権ってやつ?違う?
じゃあ映画を観るということは、日々の業務に精進している対価である。
対価とは、トランスフォーマーを観ることである。
観たいのに観れない状況はストレスを増す一方であり、
心身共に悪影響であることは明白。
その結果、ガン、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、水虫、包茎など
重大疾病になるリスクが高まる。
まさに生命の危機である。
生命保険も入ってなければ、高○クリニックに行く金も無い!
主張しなければならない、トランスフォーマーを観る事は私の命を守る。
生きる理由だと。

今こそ有給届けを出す時だ。
只野がトイレに行った隙に机にそっと置いて行く。


理由「生理休暇」



トランスフォーマー面白かったです。


文:只野あきら(偽)

暑い、夏だから当たり前なのだが。
クーラーも心なしか利きが悪い。
仕事もまったく減らない。
窓の下を走るゆとり世代のガキ共の声が頭に響く。(受験に失敗しますように)
おまけに選挙カーの騒音が睡眠不足の頭に響く。(落選しますように)
と、負のスパイラル思考が渦巻く中で重要なことを思い出した。

風呂入ってない。

弁当の残りも半日で食中毒危険領域に突入するというのに、
ここ3日間風呂に入ってない。
着替えもしてない。
でも不思議なことに自分の臭いは気にならないなあ。
電車で隣に座ったオッサンの口臭は凄く気になるのにねえ。
思い立ったが吉日、早速アパートへ帰ろう。
昼過ぎの炎天下、蜃気楼のような府中を自転車で駆ける。
立ってるだけで汗がでるのに、自転車じゃあ汗ダラダラだよ。
ドンキホーテで1Lの低脂肪乳(98円)を買う。
中国産でなければ何でも良い、安さは正義です。
店出た途端に一気飲み。
旨い!牛乳好きには堪えられないねえ、帰る前に無くなっちゃた。

部屋に帰って洗濯回して、いざ風呂へ。
まあシャワーだけなんだけど、気持ち良い。
体洗いながら思ったね、やっぱ清潔が一番。

ゴロゴロゴロゴロ・・・・・ピュッピュッ
はうっ!嘘だろ、こんな時に下痢ですか!
あの牛乳か!やっぱり一気飲みはやばかったか!
あうぅトイレは間に合わない、部屋に撒き散らしちまう。

・・・やるしかねえ。

そう!ピンチはチャンスだ!
まさにセルフ排泄プレイ、これはエロゲー業界に生きる人げん・・・もう限界。

ブビュュュッ「らっらめぇぇぇ~~~でっでちゃうぅぅぅぅ~~~」ビュッシュューーーッ


文:只野あきら(偽)

この前、マスターアップ明けの休みに実家帰ったんですよ。
ちょうど姉夫婦も遊びに来るからと。
私にしてみれば、あまり帰りたくないのだが半年も顔を見せてないと親も心配みたいで。

もちろんエロゲー作ってるのは秘密です。

まあ実家帰っても特別することないので、自室にて持ってきた360でCOD3オン対戦三昧。
この戦場は辛過ぎます、10秒も生きてられない。
走っては狙撃され、隠れては後ろから殴られ、戦車に乗っては手榴弾投げ込まれる。
おまけにこっちの弾があたらねえ、なんでジャンプごときで避けれるんだ!
こっちはジャンプしてもビシビシ当たるのに。
ヘッドホンから聞こえるキーボードクラッシャーのごときイカレた笑い声にイライラする。

「おじちゃん。パソコン使っていい?」

姪のA美(小学5年)である。
去年会った時に、MELTY BLOODやひぐらしを知っていると語ってくれたオタク予備軍である。
しかし、おじちゃんと言う響きにそこはかとない哀愁を感じてしまう。
そんなA美がパソコンでサイトを見始めた。

只野(偽)「何見てるんだ?」
A美    「小説サイトだよ」
只野(偽)「何の小説だ?テイルズ?ああ、俺この手のゲーム駄目なんだよな。
       これもメガテンもシリーズ多すぎでFFやドラクエみたいに番号ついてないとわからん。
       ついでに絵が気に入らん。」
A美    「えーじゃあどんな絵がいいの?」
只野(偽)「んー。コナン・ザ・グレートのパッケージアート。」
A美    「?」
只野(偽)「いや、わからんでいい。で、そのテイルズなんとかで誰がいいんだ?」
A美    「B子先輩(6年らしい)が○○○○(テイルズ関係に失敬興味無いので覚えてない)は
        受けがいいって言ってたけど、私はどうかと思うんだ。」
只野(偽)「受け?・・・じゃあ攻めは誰だ?」
A美    「××××(上記同)と△△△△(上記同)」
只野(偽)「・・・」
A美    「・・・」
只野(偽)「どこでそんなこと覚えるんだ?」
A美    「そう言うコミュニティがあるの。B子先輩同人誌も持ってるよ。」
只野(偽)「・・・男って穴が3つあるの知ってる?」
A美    「知ってるよ」


只野(偽)「・・・腐女子だな」
A美    「うん!」

嘘のようなホントの話。

文:只野あきら(偽)

忙しいですねえ。
何がどうしたわけじゃないのに変ですねえ。
そういや最近部屋に帰ってないなあ。(風呂以外)
仕事場にいると時間と曜日の感覚が無くなってしまう。
まるで宇宙人に拉致されて、ここ最近の記憶が無くなったかのような。
そう、こういうことはみんな宇宙人の仕業だってFBIの捜査官も言ってた。
今だって光が目の前をこうクネクネと・・・ってホントに眩しいよ。
ラッキー、アブダクトされたら合法的に仕事サボれる。
分けなくて、原因はすぐにわかった。
只野(本物)がLEDライトを私目がけて振っている。
彼は子供の頃モデルガンの銃口を人に向けた口だろう。
後にわかったことだが、でたらめなライトの軌跡はウルトラサイン(本人談)だったようだ。


只野(本物)「暇そうだね。」
只野(偽)  「冗談を、あなたと一緒で忙しいですよ。」
只野(本物)「君とは仕事の質が違うのよ。もっとこう
        クリエイテぶでセンシテぶ(発音が悪い)なね、わかる?」
只野(偽)  「・・・それで暇な私に何用で?」
只野(本物)「更新して。」
只野(偽)  「は?絵描けたので?」
只野(本物)「描けない。暇ない。眠りたい。今月いっぱい動けない。
        ねえ文章書くの楽でしょ、ちょちょいのちょい。」
只野(偽)  「なんですその手つき。それに文章だけ更新ってCGサイトとして変でしょ。」
只野(本物)「CGサイトじゃないよ。「今が見える社会派CGサイト」だよ。
        だから文章だけでもOK」
只野(偽)  「初めて聞いたよ。」
只野(本物)「俺も今知った。我ながら良い文句だ。さあ行け!奴隷獣!サイトを更新するんだ。」


どうも本気らしいので、当分文章のみ更新していくことになった。


文:只野あきら(偽)

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 むらた]
[03/21 只野あきら ]
[01/21 美希]
[01/21 只野あきら ]
[01/04 美希]
WEB拍手
プロフィール
HN:
只野あきら/只野あきら(偽)
性別:
男性
趣味:
ひきこもり/おっパブ
自己紹介:
アップルシードの続巻発売を待ちわびながら諦めている

Copyright © [ フチュウの東 ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]